OAフロアをオフィスに取り入れる

OAフロアをオフィスに取り入れようと検討中の皆様

現在OAフロアは、新築オフィスビルの70%以上が導入しており、オフィスビルの標準仕様といっても良いでしょう。
しかし、既存のビルでは、OAフロアを取り入れているオフィスは、まだまだ多くはありません。

 OAフロア非対応のオフィスビルの管理会社には、入居中の企業、入居予定の企業から、導入希望の声が多く寄せられていると思います。
 OAフロアの導入には、オフィスビルの管理会社にとっても、入居企業の満足度の向上のほか、建物の劣化を軽減する等、導入メリットが多くあります。

より快適なオフィス環境を目指すためにも、是非OAフロアの導入をお勧めいたします。

OAフロアをオフィスに導入する際の重要なポイント

OAフロアをオフィスに導入する際の重要なポイントは、床面積などの規模や主な用途に対応した、OAフロアの導入と選定です。

 入居企業や入居予定企業の全ての要望に応じるのは、困難ですので、上記のポイントを基準にOAフロアを選ぶことで、対応可能な範囲がひろがります。

OAフロアの種類について

OAフロアは、用途、構造・材質・耐荷重性能・配線容量などによって、種類が数多くあります。
 こちらでは、規模(床面積)に分けて、その特徴についてご紹介します。

置敷式OAフロア(主に樹脂製)

 比較的小規模なオフィスに導入することが多いOAフロアです。主な特徴は下記の通りです。

・軽量のため建物への負担が少ない。
・比較的安価な導入コスト。
・耐久性と耐燃焼性には課題あり。
・樹脂製特有の歩行感。

床高調整式OAフロア

 中規模以上のオフィスに導入することが多いOAフロアです。
素材は主に、コンクリートやスチール製で、パネルの下に支柱があり、パネルと支柱を分離できるので、高さの調節が可能です。主な特徴は下記の通りです。

・高さ調節が可能。
・配線容量が多い。
・耐久性◎
・歩行感◎

OAフロアを導入する際は、利用する環境を想定して、最も適したOAフロアを選ぶことが重要なポイントです。

カテゴリー:OAフロアお役立ち情報 — |2016年6月2日
  • タジマ タピストレッサ
  • サンゲツ NT-350S
  • ナガタフロアタイル
  • ジョイントカーペット

OAフロアお役立ち情報

すべての記事を見る

Page Top